60歳をすぎてからの婚活①

嫁のこと
スポンサーリンク

友人の奥様の死

今まで嫁一筋みたいなことばかり書いておいて、裏では婚活してたのか!!

亡くなった奥さん可哀想・・・

このエロ親父!!

ブログ読んで流した涙を返せ〜!!

 

きっとこう言われるんだろうな。

渡部建と東出昌大の気持ちがちょっとわかった気がした。

 

いやいや、不倫したわけではないから彼らと一緒にはしないでいただきたい。

ただ、昨年からパートナーを探し出したのは事実である。

今日はコメント欄閉じようかな・・・

 

7〜8年前になるかと思うが、私の友人の社長の奥様が7年と言う闘病の末、癌で亡くなった。

友人は社長業をしながら、三人の子供たちの食事の支度から弁当作りまで毎日頑張った。

奥様が闘病中からだから、子供たちが大学卒業するまで大変だったろうと思う。

 

その奥様は、亡くなる少し前に子供たちだけ病室のベッドに集めて、こうおっしゃったそうだ。

 

『パパに新しい奥さんができても許して上げてね』

 

友人はそのことを、奥様が亡くなった後に娘さんから聞いたそうだ。

友人は大声で泣きながらそれを私に話てくれた。

 

そして奥様が亡くなって5〜6ヶ月ほど経った時に、私はその友人に知人の女性を紹介した。

バツもついていない未婚の女性で、小柄で可愛い女性だった。

友人はまだ早いと言いながら、予約しておいたイタリアンレストランに来るなり、その女性を気に入った。

女性の方も友人のことを大変気に入ってしまい、その後すぐに一緒に住み始め、5年ほど経った時にけじめとしてちゃんと籍を入れて結婚したのだ。

スポンサーリンク

今度は自分が友人の立場に

その後今度は私の嫁が亡くなるわけだが、亡くなって5〜6ヶ月でよくそんな気になったなと、いざ自分が友人の立場になったら正直そう思った。

自分が紹介しておいてこういうことを言うのはなんだが、私には無理だ。

いつまでも悲しみを引きずって、何もやる気が起きない。

ましてや女性に会おうなんて、微塵も考えられなかった。

しかし、まだ友人の方が私より前向きに生きていたと思う。

私の方がいつまでも女々しく、前を向いて生きることができない情けない男だった。

 

嫁の3回忌が終わった頃に、パートナーでも見つけた方がいいと何人かの友人に勧められた。

離婚してひとり暮らしをしている男性と、奥様を亡くしてひとり暮らししている男性は、普通の男性よりも寿命が短いという統計結果が出ているそうだ。

そりゃそうだろう。

今まで嫁が作ってくれたバランスのいい食事を毎日食べてきて、いきなり酒とインスタント物ばかり食べるような生活に変われば、それは長生きはできないのが当然だ。

 

それからしばらくして、婚活ではなく恋活でもしてみようと思い始めた。

おひとりさまもだいぶ慣れたが、いまだ焼肉屋だけはひとりで入れない。

せめて焼肉屋に一緒に行ってくれる人でも探そう!

そんな気持ちで、あるアプリに登録をするのである。

 

この続きはまた明日・・・

[ad]

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

ブームになりつつあるサラダボウル。

残り物がほぼトッピングされていて、なんでもありだけどこれがうまい!

ケール、ビーツ、きゅうり、人参のボイル、ブロッコリー、トマト、アーリーレッド、かいわれ大根、蒲鉾、おからつくね、焼売、梅干し、ライス。

 

ランチはガスパチョ風ラーメン。

スープ一滴も残さず飲み干しても罪悪感なし!

むしろ体にいい。

 

おうちでは淡麗グリーン。

お財布にも優しいし、糖質もオフ!

 

晩ごはんは、スーパーで買ってきた肉焼売とサラダ。

そしてアサリとトマトのショートパスタ。

小栗旬のCM見てると焼売が食べたくなる。

さすが役者だけあって、CMではうまそうに食べてるけど、実際に買って食べてもそれほどでもない。

 

暑い日には、この冷えたジンソーダが最高だ。

甘いトニックウォーターで割るより、ドライなソーダで割る方が好み。

昔流行った、矢沢永吉の『時間よ止まれ』という歌に、『汗をかいたグラスの冷えたジンより光る肌の香り』という歌詞がある。

この歌を初めて聞いたのは私が21歳の頃だ。

まだ私もウブでで可愛らしかった。

そしてこの歌を聞いて、大人になったら冷えたジンを飲もうと決めていた。

 

だいぶ大人になりすぎたが、最近のクラフトジンのブームもあり、私も今になってようやくジンが大好きになった。

 

アプリなんかで婚活してないで、バーで一人で飲んでる女性にジンでも奢ってやれ。

 

コメント

  1. Nao より:

    ぺこりーのさん、こんぱんは。
    米国東部時間 金曜日の夜10時過ぎました。

    恋活、応援しています!!続編、とっても楽しみです!!
    待ちきれない:)

    どうぞ、今を生きて!!

    私は自分の為に作るご飯は、余り美味しく感じないのです。誰かの笑顔を見たくて、丁寧にお料理するのが生き甲斐です。

    それでは又。

    • Naoさん

      こんにちは〜!
      東京は14:09です。
      今、またカレー作ってます( ̄▽ ̄;)
      まだこの前作った在庫があるのに、もう次を作るという・・・

      いやいや、恋活っていうほどのロマンスは皆無です!
      次に引っ張らなければよかった。
      しょうもない結末ですから〜。

      そうですね。
      私も人に食べてもらうならもっと頑張ります!
      しかしひとりになったからこそ、自分のためのごはんをちゃんと作らないとと思ってます。
      嫁が亡くなってから、一時は最低の食生活でしたから。

タイトルとURLをコピーしました