老いの美学〜ジブリの人気アニメ映画『紅の豚』に学ぶ

料理
スポンサーリンク

美学とは

 

『老い』を美しいと思っている人は誰もいないだろう。

だから永遠の若さを保ちたいと努力をするし、お世辞にも『若い』と言われたりすると狂喜する。

しかしどんなに若造りな格好をしても、若いのは首から下だけ。

重力と寄る歳なみには誰も勝てないのだ。

 

ただ、それは見た目だけのことである。

歳をとるということは見た目には枯れていくが、人としての美しさは別物だと私は思っている。

禿げ散らかした頭部にたるみきった腹。

顔に刻まれたシワはもうどうしようもない。

老いたのだから。

 

ただこれまで生きてきた生き様や経験。

学問ではなく世間や社会から学んだ多くのこと。

たくさん許してきたこと。

弱い人に肩を貸してきたこと。

 

そういった自分の人生を彩ってきたすべてのことが、人としての厚みとなり老いても魅力のある人間を作ると思う。

美学とは美しさの本質を追求する学問のことである。

本質を追求すると、美しさとは見た目のことではないはずだ。

私の大好きなジブリの映画を見るといつもそう思う。

 

スポンサーリンク

ポルコ・ロッソの生き方

ジブリ映画『紅の豚』の主人公ポルコ・ロッソは、見た目は髭をはやした豚である。

映画をご覧になった方も多いと思うが、ポルコ・ロッソは自分で自分に醜い豚になるように魔法をかけた。

本当はまだ30代のイケメンパイロットなのだ。

豚になった理由はわからないが、おそらく戦争やいろんな人間のしがらみから距離を置きたかったのではと思う。

ひとりアドリア海に浮かぶ小さな孤島で世捨て人の様に暮らすポルコの姿に、私が老いさらばえたあとの自分の生き方を重ねてみる。

 

ポルコの本名はマルコだ。

しかしマルコと本名で呼ぶのは、ホテル・アドリアーノの女主人ジーナだけ。

マルコは名前も捨てたのだ。

マルコと呼ばれていたころは、イタリア空軍のスーパースターだった。

若い頃に輝かしい栄光を手にしたマルコも、今では昼間からワインを飲みラジオを聴きながら昼寝するただの豚。

 

過去の栄華を自慢することもなく、隠遁生活に身を落としたことを憂うわけでもない。

たまにアドリア海に出没する悪党を捕まえては賞金を稼ぐという日々だ。

まるでどこかの国の年金生活者のような暮らしに見えてくる。

 

しかしそのどこかの国の老人には、美のかけらもないような人がたくさんいる。

若者の味方をするわけではないが、どんな生き方をしてきたのかと聞きたくなる同年代がやたら多い。

 

若手社員に自慢話をする年配上司。

若い人への頭ごなしのハラスメント。

店員さんに威張り散らす老人。

自分を曲げない頑固じじい。

そんな高齢者が多いのにうんざりする。

 

過去の名声など忘れよう。

自慢話などせず、人に迷惑をかけず、ただ自分の自由な時間だけを好きなように使わせてもらう。

老いて醜くなる自分も自分だ。

最後まで愛してあげよう。

 

ここはアドリア海ではないが、小さな部屋でひとり静かに酒を飲みながら老いを楽しむ。

孤島のマルコのように・・・

 

そして私が死ぬときは誰の記憶にも残らずに、老木が朽ち果てるようにこの世から消え去りたい。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

昨日の朝食はチーズサンドトースト。

スライスチーズをレンジでトロトロにしておいてパンの上にかける。

さらにトースターで焼いて焦げ目をつける。

焦げ目がついたらパンを2つに切って半分に重ねれば、チーズサンドトーストの出来上がり。

 

ランチは博多ラーメン。

まいばすけっとで売っている豚骨スープだが、豚骨スープのような味ではある。

 

 

夜は友人と飲む約束をしていたので、最近通っている居酒屋へ。

 

コロナ対策のため、通常の半分の席しか座れない様になっている。

なので次々と来店するお客さんに対して、お店の方が丁重にお断りされている。

せっかく来店してくれたお客様を返すのは、お店としてはたいへん辛いことだろう。

 

岩牡蠣380円

これは美味しかった!

牡蠣も当たり外れがあるが、久しぶりにこんなにうまい牡蠣を食べた気がする。

 

 

すみいかのお刺身。

 

 

ホッキ貝のお刺身。

コリコリした食感がたまらないね〜。

 

 

本ししゃも。

これが本当のししゃも!

 

 

白エビの天ぷら。

何を食べてもうまい!

ビール2杯と焼酎2杯を飲んで帰る。

できるだけ次のお客に席をあけるために長居はしない。

 

ポルコ・ロッソの意味は『紅の豚』。

アニメでは飛空艇の戦闘シーンや、アメリカ人の賞金稼ぎとの対決のシーンなど、見どころ満載の映画となっている。

しかしそのサブストーリーでは、ポルコとホテル・アドリアーノの女主人ジーナとの恋の行方も見逃せない。

ジーナは未亡人だ。

亡くなってしまったご主人はポルコの戦友。

 

しかしジーナはその友人と結婚する前からポルコのことが好きだった。

ポルコもまたジーナのことが好きなのだが、お互い好きだと言えないまま時は流れる。

側で見ててイライラするくらい、大人のくせにピュアな二人なのだ。

 

『とっとと好きと言って一発やれ結婚しろ!!』

 

と声を荒げたくなる。

 

これはジブリのアニメ映画だが、生身の人の人生もまた映画のようだ。

 

ただ映画のようにもう一度見ることはできない。

 

 

 

昨日もたくさんの方に応援ポチいただきました!ありがとうございました!

いつもブログを読んでいただいて、そしてこっそりポチッと応援していただいているみなさんに心から感謝申し上げますm(_ _)m
拙い文章を読んでいただいたうえに、さらに時間がかかる応援ボタンを押してとお願いするのはたいへん心苦しいです。
でもこれが励みになってます!
ありがとうございます!

昨日もたくさんの方に応援ポチいただきました!ありがとうございました!

いつもブログを読んでいただいて、そしてこっそりポチッと応援していただいているみなさんに心から感謝申し上げますm(_ _)m
拙い文章を読んでいただいたうえに、さらに時間がかかる応援ボタンを押してとお願いするのはたいへん心苦しいです。
でもこれが励みになってます!
ありがとうございます!

お気軽に読者登録してくださいね!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
料理老いるということ
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして

コメント

  1. ぺこりーのさん、おはようございます。

    『とっとと好きと言って一発やれ!!』

    まあまあ、そんなに興奮しないで落ち着いてください。
    血圧が上がっちゃいますよ。
    最近は女性のファンも多くなっているんですから、そこをよろしく💕

    一発やりてェとか… ダメよ、だめだめ~

    ゆいまる君の可愛さは飼い主に似ているのにねェ。

  2. ももこさん

    コメントありがとうございます!

    たいへん失礼いたしました。
    ちゃんと修正しましたのでご確認くださいませ。

    いくらなんでも一発やれ!!はダメですよね〜^^;

  3. こんにちは。

    ダメ年輩の例をあげていらっしゃいましたが、
    若い人でも、いますいます。

    個人的な話になりますが、私、この1年半で歯医者を4回も変えました。
    運悪く感じの悪い先生が続いてしまいました。
    いずれも30代〜40代の先生でしたが。
    説明をきちんとしてくれないのに、聞き返すと怒る、など偉そうな態度が多くて辟易しました。
    そのうちの一人とは、冷静な対応を超える酷さだったので、診察室でケンカをしてしまいました。
    歯科医の何がそんなに偉いの〜??と、私にはとても不思議です。

    若い人でも相手の立場に立てる方は沢山いますし、年齢は関係なく、人間性なのかな、という気がこの頃しています。

    • らんさん

      歯医者さんってそんなに尊大な方が多いですか??
      若いならまだしょうがないと思う分もあります。
      まだまだ勉強の途中なんです。
      しかし、歳をとってからもそういう態度や思考というのは、何を長生きして学んできたんだと思うんですよね。
      人生のお手本になるべく人たちですから。

  4. ぺこりーのさん

    ぺこさんは「一発やりてェ」なんて全然使っていませんでした。

    これを言ったのは何ということでしょう、私…

    こちらこそ失礼しました。

    コロナが治まったらオフ会を開催するかも知れないのに、女子が喜ぶ
    いやイヤ、怖がるといけないので老婆心でした。

  5. ももこさん

    オフ会までに、毎日パックしておいてくださいね(≧∀≦)

    • 👌よっしゃー 

      • はい。私は運悪く、そういう歯科医にあたりました。
        こちらは田舎なので、黙ってても患者が来る、と強気の歯科医が割と多いです。
        都会は患者側が選べる環境にあると思うので、歯科医側の姿勢も違うのかも知れませんが…

  6. […] 当時はグルメブログをやっていたのでそれもあるが、好きな居酒屋に出会えると無常の喜びがあった。 […]

タイトルとURLをコピーしました