老いたくないならこれをやれ!歳を取らない方法はこれしかない!

料理
スポンサーリンク

もちろんお世辞ですとも

 

先日、特殊詐欺の電話かと思ったとブログで書いた銀行の営業の女性が、帰りのエレベーターの前で私にこう言った。

それにしてもお若いですねと。

 

若い女性に言われたからと言って、真っ直ぐ受け取るほど私も身の程知らずではない。

ただ、自分でも年相応とも思ったことはない。

それは見た目ではなくてなんと言えばいいのだろう。

 

ここで表現を間違えると『自慢か!』と言われてしまうから気をつけよう。

 

『老けこんではない』

 

そういう言い方の方が近いかもしれない。

 

禿げ具合も皮膚のたるみ具合も年相応だが、どうしても見た目以外は年相応にはなれない。

たまに都合よく年寄りになったりもする。

でも、それだって半分はパフォーマンスだ。

 

み〜んなできれば老いたくないと思っていると思う。

誰が好き好んで歳を取りたいだろうか。

 

しかしそうやって抗っても加齢は否応無しにやってくる。

ただ、世の中を見渡すと明らかに年相応じゃない人たちがいることは、みなさんもよくご存知であろう。

 

その人たちはなぜ歳を取らないのか?

顔を見ても歳はとっているがなぜか若々しい。

美魔女でもないがちょっと乙女を感じる。

 

そんな人が私の周りにも確かにいる。

男も女も関係なくだ。

 

何か共通点があるのかもなと思っていたら、ああ〜これかも!と思える記事を見つけた。

それは作家の末井昭さんという方が執筆された本に書かれていることだ。

 

末井さん曰く、老化の原因は歳を意識するからだとおっしゃっている。

現に末井さんはある出版社から『老後について』書かないかという依頼があり、それから急に自分の老後や死について考え出したそうだ。

 

今まで全く自分の歳を意識したことがないから、自分がいつから老後だったのかもわからないとおっしゃる。

本当かよ〜。

 

末井さんはすでに74歳になられる。

私よりも9歳も年上だというのに今まで老後のことを考えたことがないって・・・

 

末井さん!

あなたはすでに老後ですよ〜。

平均寿命までもう10年切ってますから!

 

しかし末井さんが言いたいことはそういうことなんだろう。

自分の歳を意識しないと『え?俺ってもう老後すか』となるのだ。

 

それは私も激しく同意する。

私はそこまで歳を意識してないわけじゃないが年相応という言葉が大嫌いだ。

 

日本ってこうあらねばならぬみたいな社会の目があって、そこから外れるものを極端に嫌う。

でもそんなことをしてると、すべからくみんな年相応になって老いたくないといくら頑張ったところですっかり平均的な老人になる。

 

老いたくないなら自分を生きないとダメだ。

歳を取らない方法はこれしかないと思った。

 

私が考えるに人は歳をとったから老人になるんじゃない。

カチカチと音を立てて時間は進む。

そして毎年の誕生日にカチッと大きな音を立てて老化が進んだわけではないのだ。

日々、本人に気づかれないようにちょっとづつ老化している。

 

先程書いたように、世の中には見た目も生き方も驚くほど若々しい人がいる。

一方、年齢が若くても妙に老けこんでいる人もいる。

 

クリエイティビティと言えばいいだろうか。

こんなコロナ禍でも楽しみを自分で創造しそこに幸せを感じられる生き方。

ちょっとでもワクワクすることを自分の中に見つけ出す能力に長けている方。

そういう方はきっと歳を取らない気がする。

 

その創造力が年相応をよしとしないのだ。

だから横にいる人の生き方を真似て生きるようなことはきっとしない。

自分の生き方を人がどう言おうがどうでもいいから。

 

老いたくないなら創造的に生きよう!

 

これが歳を取らない唯一の方法だと私は思う。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はボリュームサンドとコーヒー。

紫キャベツの千切りはうまくまとまらないので、一旦コールスローにしてサンドすると挟みやすくなる。

 

 

料理はクリエイティブだから毎日料理することは歳を取らない一つの方法だと思う。

老いたくない人は頑張れ!

 

 

今日のご当地ラーメンは『博多屋台風とんこつラーメン』

ストレート麺でインスタントでも本格的なとんこつラーメンだ。

カロリーはなんと293Kcal!

 

なんでインスタントラーメンのYouTubeなんかやってるの?とよく聞かれる。

それそれ。

そんなことを聞くこと自体がもう老化なんだよ。

楽しいからに決まってるじゃないか。

 

 

昨日は友人と食事に出かけた。

するとコロナ前にはしょっちゅう通ってた三茶のバーが開いている!

食事の前にそのバーでビールを一杯飲むことにした。

いや〜、久しぶりに会ったバーテンさんと話が弾んだ。

 

 

まだ終わりの見えないコロナ禍をよく耐えてお店を続けてくれた。

嬉しいな〜。

バーテンさんと話しながら、同じ時代に生きた何か戦友のような感じがした。

 

 

バーを出て向かったお店は池尻大橋にあるビストロ。

このお店の料理は本当に美味しい!

デュ・バリー

 

フォアグラのコンフィ 花梨のコンフチュール

 

 

ズワイ蟹のオムレツ仕立て 白魚のフリットクリュスタッセ

 

 

これなんだったっけ?

魚の料理だったけど忘れた!

 

 

仔牛ロースのロティと もも肉のブレゼ オレンジの香り

 

 

抹茶のデザート

 

 

マカロンといちごのデザート

 

コーヒーもめちゃくちゃ美味しい!

 

 

ワインは全部グラスで飲めるので、料理に合わせて取っ替え引っ替えしてがぶ飲みした。

堅苦しいフレンチではなく普段着で行けるビストロなのがいい!

 

こういうお店で料理をいただくといろんなインスピレーションをもらえる。

まん延防止措置のせいか人気のお店でもお客様を少なかった。

 

なんとかこのコロナ禍を乗り越えてほしいお店だ。

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. ぺこさんこんにちは☺️
    この老化したくなければ、、、の今回の記事に、私も激しくうなづきました❗️先日蔵王にトレッキングに行って来ましたが、雪山を歩くと数歳若返った気がしました👍
    ぺこさんのこの記事の一部をぺこりーのさんのお名前入りで私の小ブログに書いても良いでしょうか❓(アップするのは数日後になると思います)図々しいお願いですが宜しくお願い致します。

  2. だりあ より:

    はじめまして
    ゆいまる君のキュートさと美味しそうなお料理の写真に惹かれて、いつも拝見していましたが、今日の記事は激しく同意したのでお邪魔しました。私も以前から年齢は番号程度にしか思っていなくて、寧ろレベルだと思っています。60歳ならレベル60、大したものです。最近の座右の銘は、死ぬ事以外はかすり傷 と、人間見た目が9割です。歳を重ねるほど、その人の生き様がビジュアルに顕著に出ます。政治家の卑しい顔を見れば一目瞭然です。ぺこリーのさんと同年代の私は、20代〜50代迄年下の友達の方が多いです。20代の友達からは、未知の世界のジャニーズ情報や進撃の巨人のストーリーを教わった李、40代の子とは鬼滅の映画で涙しました。おかげでSix STONZ?に詳しくなりました。最近のマイブームは、去年末に受講したメルカリ出品です。購入した事は沢山有りますが、出品するのは何倍も楽しいです。閲覧者を購入する気にさせるキラーワードを捻り出すのがとても脳トレになって寧ろ高齢者に向いていると思います。収益でメルペイでのお買い物も格別です。沢山人生を生きて来ましたが、まだまだ知らない世界が沢山あります。たまに生存確認の為同年代の友達共会いますが、話題が病気やら病院の話ばかりで気分がどんよりします。
    身体は日々衰えても、精神は好奇心旺盛な若い頃のままだと思っています。寝る前に明日何食べよう?とワクワクしながら考えます。沢山生きて来て幸せはシンプルだと思うのです。
    私は今日のゴハンが美味しいのと、トイレに自分で行ける です。
    以前事故に遭い、あらゆる事を病院のベッドの上で余儀なくされたので心からの実感です。
    取り止めもなく長くなり申し訳ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました