悪いことばかり起こる人〜それって悪いと思い込んでいるだけじゃないの?

ライフスタイル
スポンサーリンク

過ぎ去れば笑い話

 

なんだか最近やたらと『自己肯定感』という言葉が目に付く。

自己肯定感が低いとなんかダメなのか?

というかそもそも言葉の意味もよくわからない。

 

しかも自己肯定感が低いと言われる人に限って、いろいろと悪いことが重なって起きるのだとか・・・

まるで貧乏神だな。

 

そこで自己肯定感ってなんなのか調べてみると、『ありのままの自分を肯定すること』だそうだ。

そういやエルサも歌っていたな。

 

『ありの〜ままの〜自分にな〜るの〜♪』

 

松たかこは自己肯定の歌を歌っていたのか!

 

しかし、ありのままでいいのであれば、ダメな自分も自信がない自分もそれでいいではないか。

『自己肯定感を上げる』とよく言われるがそんな必要がどこにある?

そのままでいたらいい。

 

自己肯定感が低いと悪いことばかり起きるというのもきっと気のせいだと思う。

だったら自己肯定感が高い人にいいことばかり起きているかというとおそらくそんなことはない。

人生でそんなにいいことばかりが続く人など『おぼっちゃまくん』以外にいるはずがない。

 

ちなみにおぼっちゃまくんは、御坊家第999代当主で小学5年生。

月のおこづかいは1500万円。

耳には砂金を、おしりには金塊を、鼻には黒真珠を、ざっとあわせて3億円分埋め込んである、

人呼んで「歩く身代金」。

性格はおそろしくわがままだ。

 

こんな彼にはいいことしか起こらない。

 

それ以外の人は、実はいいことも悪いこともたいして起きてないと思う。

あなたにとって悪いこととは今起きているただの事象。

その事象が将来悪い結果になるのか良い結果になるのかは、それは時間が経過してみないとわからないことだろう。

 

だから一見悪い出来事のように思えることでも、その時の判断で右往左往しないこと。

それがその後の自分の人生にどのように影響を及ぼしたのかは、あとからじっくり検証してみたらいい。

ただし、その一見悪いことのように思えることが起きたときの行動が大事だ。

 

それは神様の試練だとか引っ越した方角だとか前世の行いだとか、なんでもスピリチュアルに仕立てようとする人がいるが、そっちにのめり込むとさらに沼にハマるから気をつけよう。

なんでも悪いことのように思いがちな人の行動は、その時に冷静な判断ができない。

私にも経験があるが、なぜそういうことが起こったのかよくよく考えてみるとだいたい原因がわかってくる。

 

自分に非があったのか、それとも誰か他人のせいなのか。

あるいは個人レベルの出来事なのか、もっと大きな単位の出来事なのかなど。

冷静に考えることができれば解決はできなくても無駄なエネルギーを使わずに済む。

 

そして時間の経過とともに結果がどうなったのかがだんだん見えてくる。

そのときに初めて一喜一憂すればいいことだ。

その時は自分にとって悪いことだと思っても、その後に起きたことや自分の行動をちゃんと捉えていくと、けっこう物事が好転するきっかけだったことが多い。

 

私にとって最大の悪い出来事とはやはり嫁の死だった。

これから2人で長い老後を楽しめると思っていた矢先に、還暦を迎えることもなくこの世から去ってしまった。

長い喪失感と後悔、無気力。

とてもその当時はそれが自分の人生にプラスに働くなど考えることもできない精神状態。

 

ただ生きるだけの毎日だ。

ところが時間の経過とともに、夫婦として長い時間を一緒に過ごしたことに感謝をする。

そしてある日人生の意味に気づいた。

 

結婚生活も長くなると変化のない日々はまるで夏休みの終わりのような毎日だ。

そんな退屈な日々でさえ思い返せば大切な日々であったこと。

誰かのために生きる人生がいかにすばらしいものかを知ること。

 

それはすべて嫁の死で気づいたことだ。

 

 

私も偉そうに言っているがこの歳になって初めてわかったことなのだ。

過ぎてしまえばほとんどのことは笑い話になっている。

いいことも悪いことも実はなかった。

 

仕事での失敗、人間関係のミス、身近な人との別れ。

どれもよくよく考えれば当たり前のことじゃないか。

仕事に失敗はつきもの。

先達たちは『失敗は成功のもと』という格言まで残してくれた。

 

人間関係も若い時は薄っぺらい友人がまわりに大勢いて、あなたにとって本当に必要な人は誰なのかよく見えていない。

だからそれはミスではなく必然かもしれないのだ。

 

人が死ぬのも当たり前。

いつ死ぬかもわからない。

たまたまそれがあなたの身近な人だったというだけだ。

 

そう考えれば身のまわりで起こっていることは、ほとんど当たり前のことばかりじゃないか?

 

それにしても老いるということは面白いものだ。

若い頃にはわからなかったことが不思議とわかるようになる。

 

老いの一番の収穫はそれだろう。

しかし、実はまだ半分ほどしか見えてない気もする。

 

おそらく私が100歳くらいになったときに、ようやく全景が見えてくるのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

老後のライフスタイル

 

鬱陶しい雨の日が続くが、みなさんの地域では災害など起きていないだろうか。

天気予報ではひっきりなしに警戒情報を伝えているから心配だ。

 

こんなお天気でも花があると部屋の中がパッと明るくなる。

大輪のダリア。

泥水を吸ってもこんなにきれいに咲ける花はすごいな。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はハムエッグ定食

料理というほどのものでもないが朝の定番。

 

 

ランチはインスタントラーメン。

日清ラ王 豚骨味。

インスタントとは思えないね。

 

 

豚骨ラーメンは自分じゃ作れないからな〜。

本場の博多ラーメン食べたい。

 

 

晩ごはんはチキンのココナッツミルク煮。

鳥もも肉を醤油とビネガーでマリネしておいて、ココナッツミルクとマリネ液で煮込んである。

うまい!

休肝日だったのでガーリックバターライスと合わせたがこれがまたあう!

 

昨日はオリーブオイルを小分け用のボトルに移し替えてていて、そろそろ一杯になるというところでなんとボトルを倒してしまった。

キッチンがオリーブオイルの海!

 

ヒェ〜〜!!

 

声が裏返った。

 

それから30分、洗剤で黙々とキッチンを掃除した。

 

しかし!

オリーブオイルと洗剤で磨かれたステンレスは新品のような艶を取り戻しているではないか。

 

オリーブオイルをぶちまけるという最悪の事態は、30分後にはキッチンを新品にするという結果で終わった。

 

まるで人生のようだ。

 

終わりよければすべてよし!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました