おひとりさまの老後〜私は長生きできる?できない?どっちなんだ!?

体のこと
スポンサーリンク

長生きできない3つの習慣

 

世の中には健康にいいと言われるものがゴマンとある。

1日中テレビを見ていると、ゆうに100回くらいは目にするであろう健康食品のCMの数々・・・

これ全部飲んだらもう死なないんじゃないかと思うほど、どれもこれも健康にいいらしい。

 

健康食品だけではなく、健康にいいらしい健康器具に健康体操、健康スリッパに健康茶、健康枕・・・

おかげで日本人の寿命は世界一となった。

 

しかし、日本人特有の長生きできない悪い習慣があるのだそうだ。

その習慣とは!?

 

長生きできない習慣の3位にランキングされているのは『運動不足

思い当たる人たちが多いだろう。

私もそうだ。

 

運動らしい運動はまったくしていないというか、脊柱管狭窄症になってからできないというのが本音だ。

しかし運動をすることによって死亡率は50%も減らせるそうだからこれは大変なことだ。

 

逆に言えば運動不足の人は、健康な人よりも2倍の病気のリスクがあるということ。

特に私のように老後におひとりさまとなると、相手に付き合って買い物したりでかけたりすることもなくなるから、余計に運動不足になるような気がする。

 

しかし、アメリカの国立ガン研究所の研究によると、1日10分の早歩きでも1.8年も寿命が伸びるということがわかったらしい。

歩くだけならみなさんもできそうではないか?

 

私もゆいまるとの散歩では毎日30分くらいは歩いている。

しかも結構な速さで・・・

 

ただ1.8年寿命が伸びたかどうかってなかなかわかりづらい。

 

次に長生きできない習慣の第2位!

 

孤独

 

ダメだ。

こればかりはどうしようもない。

なんせおひとりさまの老後人生だから。。。

 

一見長生きには何の関係もないようにも思えるが、実はたいへん関係があるのだそうだ。

これもアメリカでの研究だが、社会とつながっていない人は社会とつながって生活している人と比べて、早死する確率が2倍にも増えることがわかっている。

 

日本は少子高齢化がどんどん進んでいく。

さらに婚姻率も低下しているから、老後におひとりさまという方も当然増えるわけだ。

 

社会とつながるという意味が私にはよくわからないが、何をすればつながることになるんだろうか?

私はひとり暮らしだがさほど孤独を感じたことがない。

 

社会とのつながりがないとは思ってないが、さほど積極的に社会とのつながりも求めない。

今で十分いいと思う。

 

そして映えある長生きできない習慣の第1位は!!

 

睡眠

 

だそうだ。

これは自信がある!

 

もう毎日死んだのかな?と思うくらいに寝ている。

平均すると8時間くらいだろうが、油断すると9時間から10時間は寝ている日があるから、寝過ぎなんじゃないかと思うのだが。

 

睡眠がどのように健康に影響を及ぼすのかというと、睡眠時間が6時間未満の人は正常な人と比較するとガンが6倍、脳卒中が4倍、心筋梗塞が3倍も罹患するリスクが跳ね上がるのだそうだ。

さらに睡眠中にアルツハイマー病の原因物質が消えるという最新の研究結果もあるらしい。

 

寝る子は育つというがそういうことか!

 

老後の長生きに関係することはそれだけではない。

実は日本人が長生きになった原因として、食生活の欧米化が寄与しているという報告もあるのだそうだ。

特に乳製品や肉食が進んだことで脳血管の障害が減少し、それで脳卒中などの死因が減ったと考えられている。

 

なんだか食生活の欧米化は逆のイメージだったが、実際に日本は1200年もの長きに渡って肉食を禁止してきた国だ。

当時は脳血管障害で亡くなる方が多く、それは動物性の食品の摂取量が足りなかったということによるものと考えられている。

 

もちろん肉食も適度な量ということになるが、なんでも過ぎたるは及ばざるが如しで適量を摂るということが重要なのだろう。

さらにベジタリアンの方は心臓病になるリスクは非常に低いが脳卒中にはなりやすいのだそうだ。

野菜ばかり食べていても長生きできないということだな。

 

そこでひとつの疑問が浮かび上がる。

じゃあ私はいったい長生きできるのか、それとも早死してしまうのか!

という素朴な疑問だ。

 

これらの記事を読むと、おそらくみなさんもどれかに当てはまるはずだと思う。

しかしそれがよくも悪くも色々と当てはまるので意味がわからない。

 

例えば私の場合、運動はまったくしないが30分の散歩はしている。

そこそこ早歩きで・・・

しかし孤独なおひとりさまの老後人生だ。

 

睡眠は十分にとれているからこれはいい。

しかし肉も食べるが野菜はもっと食べる。

 

運動不足のよく眠れる孤独な老人だが食事のバランスはいい。

さらに付け加えると、酒は飲むがタバコは吸わない。

そしてちょっとメタボだ。

 

肥満は病気のリスクをアップさせると言われているが、実はBMI26くらいの人が一番長生きしているという研究結果もある。

 

さて私は長生きなのか早死なのか!?

 

結局はよくわからん。

 

いつぞやのブログにも書いたが、若い頃は『太く短い人生』を送ると周囲によく話していた。

しかしこうやって老いぼれて自分の人生を振り返ってみると、結局長くて普通の人生だった。

もっと先は長いぞという人がいるだろうが、今でも十分長生きした気がしている。

 

長生きはまだまだこれから続くのかもしれないが、それでも短くはないし早くに死んでしまった嫁よりは確実に長生きしている。

健康にいいことも悪いこともぜんぶやっているから、自分がいつ死ぬのかなんてさっぱりわからない。

 

長寿で元気という保証もないので長生きもほどほどでいいのだが、しかしなかなかちょうどよくも死ねないだろう。

 

結局わからないから死ぬことは考えないことにする。

 

タイトルとURLをコピーしました