親父のファッションをもっとカッコよくしたい!〜高齢者だって服で遊んでみよう!

その他
スポンサーリンク

ファッションは自由!

 

私は以前から公言しているとおり、同年代の方たちと同じようなファッションではない。

テイストはカジュアルだがポリシーとしては自由であること。

 

誰に何を言われようが自由に服を選んで好きな格好をしていたいのだ。

 

スーツが嫌い、年相応という言葉が嫌い、体型は丸出し、季節感なし、ブランドも嫌い。

ファッションに対する考え方はだいたいこんな感じである。

 

それにしても最近は外に出なくなったので、ほとんどジャージにTシャツのままで過ごすことが多い。

このブログを書いている今も黄色のTシャツにコンバースのジャージ姿。

いやいや、これでファッションを語るなってね。

 

 

実は、昨日ZOZOから服が届いた。

買ったのはパンツ3本。

 

分厚いWOOLの色違いのパンツが2本と、部屋着用にユニセックスのサルエルパンツが1本。

それぞれこんなデザインである。

 

 

 

 

WOOLのパンツは超分厚い生地でカジュアルでもフォーマルでもどちらでも合わせられる。

生地にボリュームがあるので、トップスも負けないくらいボリュームがある方が合うと思う。

 

あまり好きじゃないがニットのセーターかカーデガンがおすすめだろう。

 

サルエルパンツはお散歩用だ。

 

 

そしてZOZOから届いた箱を見てあれ?と思った。

 

これを書くとZOZOの思う壺なのだがあえて書こう!

 

いつもは真っ黒の箱にZOZOのロゴが入っているのだが、昨日届いた箱はなんと白!

白に変わったのかと思ったが実は違っていた。

 

 

これがその箱だ。

 

 

『Bye Bye. 2020』と書かれている。

要するにこの箱は年末用の箱なのだろう。

 

そして箱を開いていると・・・

 

 

 

なんとこのコロナ禍において、ユーザーへ向けてのメッセージが書かれていたのだ!

 

しかもこのゆる〜い感じで。

 

以前もZOZOで服を買った時に、購入ボタンを押したあとに出てくる『ARIGATO』文字の代わりに、こんな意味のメッセージが出てきたことがあった。

 

『あなたが今回購入してくれた売り上げの一部は寄付します』

 

というような感じのメッセージだ。

だったら先に寄付することをアナウンスすれば、もっとたくさんの人が買うのにと私は思った。

 

しかし、そこがZOZOという会社の美学である。

 

後から仕事でお付き合いのあったZOZOのスタッフから聞いたのだが、当時の社長である前澤友作さんがそれはカッコ悪いからやめようということになり、購入後に寄付のことを伝えることにしたのだそうだ。

 

前澤さんという人は、あのお金持ちパフォーマンスは好きになれないが、ブランディングという点ではセンスのある人だな〜と尊敬する。

 

ブランドは常に競争をしている。

自分が消費者に選ばれるために想起集合体に残らなければならない。

 

想起されないブランドは認知はされていても購入されないのだ。

そして最後の購入に至るブランドになるためには、会社の正論や理屈はいらないのである。

 

ただそのブランドが好きと言ってもらえれば、それで勝ちなのである。

前澤さんはそこがわかっている方なのだ。

 

 

この箱のメッセージも、社長の頭が冷凍庫から出したばかりのハーゲンダッツのようだと、絶対に社長決済が降りないだろう。

普通だったら『みなさまにおかれましては、このコロナ禍において弊社の商品をご購入いただき・・・』みたいなメッセージしか決済されない。

 

しかし、販売している商品は洋服である。

コロナでもおしゃれして出かけよう!というような気持ちになるメッセージの方が、消費者の心に届くに決まっているではないか。

 

世の親父と言われる同年代のみなさん!

 

『そんなかっこうしてバカなんじゃないの!?』

 

と言われるくらいに服で遊んでみようじゃないか。

 

 

それは褒め言葉なんだよ。

 

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

 

昨日の朝食は和定食。

このおかずで焼酎3杯は飲めるな・・・

 

 

 

ランチは肉ニラもやし炒め定食。

ナンプラーとオイスターソース、豆板醤で味付けした。

お昼も麺類ばかりじゃなく定食にすると野菜が食べれる。

 

 

午後からスーパーに買い物に行って筑前煮を作ったが、我ながらよくできた!

毎年おせちも何もない正月だが、せめて煮物くらいは作っておこうと思って作ったものの、これまた大量にできてしまった。

 

しかも材料を切るだけでもかなり手間がかかる。

ただ、その手間をかけた分だけ美味しくなるのも間違いない。

 

料理も人生もショートカットはできないのである。

 

 

煮物で人生を語るか!

 

 

小池都知事が昔環境大臣だったころ、脱炭素社会を目指して急激にエコブームが広がった。

当時の小池環境大臣が推奨した『クールビズ』は、その年の流行語大賞トップ10にも選出されたほど社会に浸透した。

 

もう15年ほど前の話だがその頃私が見た光景はというと、いつもヨレヨレのスーツ姿の親父たちが急に似合わないカジュアルな服を着て通勤する様だった。

 

服はカジュアルだがカバンはいつもの黒いビジネスバッグだ。

服は売り場の店員さんに勧められるまま買ったとしても、カバンまではどうしていいかわからない。

 

買ったばかりの折り目のついたチノパンにポロシャツ姿の親父たち。

しかし手にはゴルゴ13のような黒いアタッシュケースを持って、ズラズラと電車から降りてくる。

 

異様だった。

そして滑稽でもあり悲しくもあった。

 

小池さんもなんてことをしてくれたんだと当時は思ったが、あれから15年が経ちIT業界がビジネスの本流に頭角を表してくると、スーツ姿のサラリーマンは激減した。

 

そして今はリモートワークだ。

なんと会社に行くこともなくなってしまったのだ。

 

スーツも似合わないオフィスカジュアルもどっちも必要なくなった。

 

 

日本経済を支えた愛すべき世の中の親父たち。

 

そろそろ自分が着たい服を来て、自由に生きてみたらどうだ?

 

 

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. Yoshi より:

    いよいよ年の瀬ですね。
    ぺこりーのさんは本当に料理がお上手ですね。
    盛り付けが美しい。
    お酒を飲むときは料理の味も大事ですが見た目が整っていると更に美味しく感じますよね。

    僕は海外が長いですが、ビジネスの場でも日本みたいにスーツでビシッていうのはないですね。
    もっとカジュアルですし、今住んでるタイでは通勤時から会社のユニフォームです。
    私服は基本妻が選ぶのですが、僕が選ぶ服とは大分趣が違います。

    日本にいた頃の僕は関西のチンピラやその筋の方が着るような服が多く、
    関東ではやたらと目立ってました。
    普通に歩いているつもりでもスーッて道が開くんですよ・・・
    恐らくはヤバい奴って思われてたんでしょうね(本当は真面目人間ですよ)。

    会社の先輩や上司からは「もっと普通の格好をしろ」って言われてました。
    むろん聞く耳なんて持っていませんでしたが・・・
    どうも世間一般的な人とは大分違っていたようですね。
    まあ、そんなだから好き好んで海外へ出ていくのでしょうが、
    今の僕のファッションを見たら旧友や昔の僕を知る人は、
    間違いなくポカンと口を開けて驚くと思います。

    南国というのもありますが、原色系の服も多いですし、
    日本の一般的な50代の方が着る服とは大分違います。
    そう言えば、妻が日本へ行った際に面白いことを言っていました。
    「日本人は何でみんな同じ格好をしているの?」って。
    確かにそうかも知れませんね。
    今は分かりませんが、個性的な方って少ないように感じます。
    それに”年代に応じてファッションはこうあるべき”
    見たいな暗黙のルールがあるような気がしますが思い過ごしですかね?

    • ぺこりーのぺこりーの より:

      Yoshiさん

      コメントありがとうございます!

      当時のファッションを拝見したかったですね〜。
      今はまた南国らしい格好をされてるんでしょう。
      私もアジアンな服は好きなんですが、日本ではあまりいいのがないんですよね。

      たしかに日本人は個性がないというか、みな同じ格好してます。
      人と一緒で安心する国民性でもありますし、アパレルのブランドもマーケティングが同じだから
      流行る服も同じになっちゃってると思います。
      他のブランドとずらすということをやらないんですね。
      世間体とマーケの産物が画一的なファッションにしていると思われます!

      日本は渡航禁止になってしまったので、日本への帰国もままならないですね。
      よいお年をお迎えください。

      • Yoshi より:

        早く日本へ一時帰国したいです😢

        今年のはじめ、家族5人、年末年始にかけ日本で過ごす計画をたてていました。
        先ずは冬の白川郷、そして大晦日は東京で美味い酒と肴に舌鼓を打ちながら、
        それこそ、十数年ぶりに除夜の鐘を聞きながら年を越す予定でした。
        東京では民泊サービスを使ってアパートを予約していましたが、
        50%のキャンセル料を取られてしまいました(T_T)
        ま、この状況では致し方ないとは思いますが・・・
        果たして渡航できるのは何時になるやら( ´Д`)=3

        昨日、日本食材を専門に扱っているスーパーで、
        日本酒と日本産の刺盛りを買ってきました。
        お値段は日本の3倍ぐらいしますが、年末ですからね、たまの贅沢です。
        今夜はコレで一杯やるつもりです。

        ぺこりーのさんも良いお年をお迎えください。

  2. Kay より:

    女性のファッションについてはどう思われますか?
    私はメイクを含めレベル高い!って一時帰国する度に思います。
    ここで会う日本人も駐在組はキレイにされているのですぐわかります。
    永住組は個性的っちゃあ個性的、あと肌が黒いのでこちらもわかりやすいw

    • ぺこりーのぺこりーの より:

      Kayさん

      コメントありがとうございます!

      日本人の女性が世界で一番きれいな服を着ていると、あるフランス人のファッション関係の方が書いてましたね。
      流行に敏感で常に新しい服を着ているのは日本人だけだと。
      化粧もダイエットも頑張っていて、美意識が高いんですかね??

      人と同じにしていたいんじゃないでしょうか。

      今年も残すところあとわずか。
      来年もどうぞよろしく〜!

  3. Kay より:

    まだ読んでない記事を読ませていただこうと思って訪問したら、
    もうコメへのお返事いただいていてびっくりしました。早起きですね!^^
    こちらこそ来年もよろしくお願いいたします。よいお年を。^^

  4. […] でも高齢者はかかりやすい・・・ […]

  5. […] しかも、この荷物はAmazonではなく私がZOZOTOWNで買った洋服である。 […]

  6. […] なんかタコめしと筑前煮って無限に食える。 […]

タイトルとURLをコピーしました