世田谷スローライフという今の自分の生き方〜成功のない人生・幸せな人生

ライフスタイル
スポンサーリンク

スローライフって何?

 

歳をとるとやたらと人生を語りたくなるものだ。

勝手にスローライフを気取ってリア充アピール。

 

ん?

リア充ってもう死語か?

だったら『陽キャ』?

まあなんと言われようと、この老後の有り余る時間が幸せであることは間違いない。

 

有り余る時間がないとスローライフなんてできやしない。

しかし一度手にしたこのスローライフという生き方。

これこそが私を幸せへと導く生き方であると確信している。

 

『スローライフ=幸せ』

 

しかも東京の世田谷という都会に住んでの話だ。

 

しかし、そもそもスローライフってなんだろう?

どんな意味?

 

なんとなく2つの単語の意味からおおよその見当はついてはいる。

しかし、あらためて意味を聞かれると正確に答えられる自信はない。

 

そこでスローライフという言葉をネットで調べてみた。

すると次のように訳されている。

 

『効率やスピードを重視するのではなく、のんびりと過ごしながら、人生を楽しみ、生活の質を高めようとすること。スローフードから派生した和製語。』

 

ふむ。

まあ思った通りの意味だった。

 

ただ、なんでもネットで検索するという行為自体があまりスローライフっぽくない気もする。

なんでもネットで調べれば容易に答えがわかる時代。

 

私もすでに手遅れだが、今の若い人たちは物事を考えるという行動の前に、すぐに答えを知ることができる時代にいる。

私がこの歳になってようやく気づいたこと。

 

『スローライフ=幸せ』

 

という定義。

しかし、今の若者はこれを体験する前に検索で知ってしまうのだ。

検索ワードは『スローライフは幸せか』。

 

するとGoogleがその答えを導き出してくれる。

結果、若者へのスローライフに対しての答えはこうなる。

 

『自分自身を肯定しましょう。自分自身を肯定しない限り人は幸せも満足も得られないのです。自分自身を正しく把握して身の丈をわきまえる。そうすれば余計な欲にふりまわされることもない…。これがスローライフの基本です。』

 

それはおっしゃる通りかもしれないけど意味わかんな〜い。

自分自身を肯定?

自分自身を正しく把握?

 

結局答えはわかった気になるが、実践として何も体験していないことなど言葉を咀嚼しただけで飲み込めてはいない。

そんなことが世の中多すぎて、それでみんな自分を見失ってしまうのだと思う。

 

しかしそういう私も若い頃に『のんびり暮らそうぜ』とか言われても全く心には響かなかった。

なぜなら仕事ではスピードと効率と結果だけで評価されてきたからだ。

 

それは今の若者たちも同じだろう。

結果、成功した人だけが幸せになれるんだと勘違いしてしまう。

私もそうだった。

 

仕事の成功が人生の成功であり、結局はそれが自分の幸せにつながる。

幸せとはその一本道だと長年思ってきたのだ。

 

ところが違ったんだよな〜、それが。

 

成功を手にする人はごく一部の人。

しかし幸せとは誰でも手にすることができるもの。

 

そんな簡単なことに気付かずにこの歳まで生きてきたとは・・・

自分が愚かすぎて情けない。

 

肩書きや年収だけが自分を肯定する唯一のパラメーターだとしたら、世の中に幸せな人など一握りしかいないことになる。

そんなバカなことがあるはずがない。

 

まあ仕事を頑張ったおかげでこの歳でもまだ仕事があることには感謝したい。

ただそれと私の幸福感とは結びつかない。

私がスローライフだと思ってやっていることはごく当たり前のこと。

 

有り余る老後の時間を贅沢に使って時間をかけて料理をすること。

毎日ご馳走を作るということではない。

ファストフードのハンバーガーを食べるのなら、自分でハムと野菜を洗ったり切ったりしてパンに挟んでホットサンドを作るということ。

 

ゆいまるのお散歩ものんびり時間をかけて歩くこと。

気に入った季節の花があれば写真に撮ったり、新しいお店ができてないかわざと遠回りして歩いてみたり・・・

 

できるだけ買い置きはせずに毎日スーパーで新鮮な食材を買うこと。

 

いつになったら新しい芽が出るのか待ちながら観葉植物を育てること。

実は私と嫁が結婚した年に買った観葉植物が35年経って倍の高さまで成長した。

 

まさかこの観葉植物が嫁よりも長生きするなど思いもしなかった。

こんなに長生きしてくれた植物を見るだけで今は幸せな気分になれる。

 

35年間も水をあげてきたお礼に今私に恩返ししてくれているようだ。

 

私が思うスローライフとは時間が世界中の時計によって刻まれるのではなく、手回しの映写機のように自分で時を進めるのだ。

 

日が沈むように人生も終わりに近づくと夕日で伸びた影のように時間もまた伸びる。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食は納豆ごはん。

納豆はミツカンのたまご味の納豆。

以前はひきわり納豆が好きだったが、このたまご味の納豆を食べてからはもっぱらこの納豆だ。

 

 

CMでも言っているが、なんであのタレをかけただけでたまご味になるのか本当に不思議だ。

そして青ネギとのマリアージュ。

 

納豆ごはんに星3つ!

 

 

ランチは天玉そば。

スーパーで買ったエビのかき揚げと卵をトッピング。

 

会社に通ってた頃は、立ち食い蕎麦屋でこの天玉そばを何杯食べたかわからない。

会社を辞めると立ち食い蕎麦を食べることもなくなるんだな〜。

しみじみ・・・

 

晩ごはんはチキントマト煮込み、レタスときゅうりとトマトのサラダ。

サラダにはレモンを小さく切って散らしてある。

これがすごくいいアクセントになってうまい!

 

 

パンはクリームチーズのパン。

これにチキンのトマト煮込みがよく合う。

 

 

それに茹でただけのほうれん草が3株。

ほうれん草の緑がチキントマト煮込みの赤に映える。

 

今日の花はマリーゴールド。

これもちょっと変わったマリーゴールドだ。

フレンチマリーゴールドだったっけ?

ゴージャス過ぎてあいみょんの歌にはちょっと似合わない。

 

花を自宅に飾ることもスローライフだと思っている。

花屋まで花を買いに行くのも人生の貴重な時間を費やしている。

 

そして水切りしてあげないと花はすぐに枯れてしまう。

できるだけゆっくり枯れて欲しい。

 

人もまたゆっくり生まれてゆっくり枯れればいい。

 

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました