老後の生活〜いかに自分らしく生きるかが後悔しない老後の生き方

クラフトビール
スポンサーリンク

死なない薬

 

以前書いたが、老化を止める成分NMN。

どんどん老後の生活は長くなる。

その長い老後を老いることから開放されるために開発された、老化を止める成分がNMNだ。

 

アメリカから輸入して、私が飲み始めてもうすぐ3ヶ月目である。

さて何かが変化したかというと、最初の1ヶ月くらいはほうれい線が薄くなった気がしたと書いた。

しかしそれは太って顔が丸くなったせいかもしれない。

ほうれい線は薄くなったのではなく、膨張して伸びたのだ。

 

髪がふさふさになったわけでもなく、相変わらずうすらハゲのまま。

視力も変わらず老眼鏡がなければ眉カットもできない。

記憶力は鶏なみのまま。

体力は中一の女子程度だろうか。

しかし性欲だけはなんだか中二男子並になった気がする(//∇//)

 

NMNはただの精力剤だったのか!?

 

どうするんだ!

この無駄な元気!!

 

しかしやたらと伸びる人間の寿命。

開発がすすむ老化を止める薬。

 

医療が発展するにつれ、人間の寿命は伸びてきた。

ほんとうに冗談ではなくいつの日か、人間は死なないときが来るのかもしれない。

もしくは死を選択する時代がすぐ目の前に・・・

 

こういうことを書くとどうしても煉獄さんの言葉がついつい浮かんできてしまう。

そう!

鬼滅の刃』ファンならすぐにおわかりだろう。

 

鬼が煉獄さんに向かって『お前も鬼にならないか』と言う。

それはどういうことかというと、鬼は死なないから永遠の命を手に入れないかと言っているのだ。

それに対して煉獄さんはこう答える。

すでに鬼に切られて瀕死の状態の煉獄さんだ。

 

『人間は老いるからこそ死ぬからこそたまらなく愛おしく尊いのだ』

 

そうだよな。

煉獄さんの言う通りだ。

 

医療が発達して永遠の命を手に入れることは、鬼の仲間になるのと同じなのだ。

人間だから老いることも死ぬことも美しい。

そしてはかなく尊い。

 

私は危うくNMNという鬼の薬に手を出してしまった。

もうこの薬はやめよう。

 

この歳で中二男子並の性欲は辛い。

 

スポンサーリンク

いかに自分らしく生きるか

いずれにしろ老後の生活は長い。

ある納棺師という職業をされている方が、こうおっしゃっていた。

納棺師とは棺を納めるプロの方で、それこそ数多な人の死を見送った人だ。

『半年後に自分が死ぬことを意識して生活をする』と・・・

 

職業柄、見送る側の人たちを見続けてきて、もっとああすればよかったとかこうしてあげたかったと、後から言う人がいかに多いことか。

それで自分は、半年後に死ぬとすれば今何をすべきかを常に考えながら生きているそうだ。

まさに納棺師という死に関わる方の言葉であろう。

 

半年という期間が設定されていれば、その間にやらなければならないことが具体化される。

たとえばご無沙汰している友人に会いたいと思っていても、いつかいつかと思うばかりでなかなか行動にうつせない。

ほとんどの方がそうだろうと思う。

だから期限を意識することで心を動かそうということだ。

心が動けば体は自然と動くようになっている。

 

それはよくわかる。

しかし、実際に長い老後の生活の中で、毎日毎日半年後に死ぬことばかり考えて生きていけるだろうか?

死ぬことなどこれっぽちも考えたくないのが人間だ。

毎日毎日死ぬことを意識していては、そのうち本当に死期が早まりそうな気がする。

 

 

 

 

いつ死ぬかわからない。

だから生きていけるし、常に未来に希望ももてるのではないだろうか。

もしかすると自分の未来は明日1日しかないのかもしれない。

しかし、それを知らなければ明日も爽やかな朝を迎え、おいしい朝食を食べて、今日は何をしようかしらと考えてワクワクした1日が過ごせる。

 

それが明後日死ぬことがわかったとたん、明日という1日をどんな気分で過ごすだろうか。

考えただけでも気が滅入る。

 

一番大事なことは、明日1日が自分らしく生きれるかどうか。

人生に限りがある限り、少なからずやり残すことはあるだろう。

しかし、形があるものが壊れるのはだいたい突然のことである。

 

すべてには終わりがあるから心に残る。

人の命も同じ。

花は枯れ、酒は飲み干され、グラスは割れ、記憶は消え、人は死ぬ。

 

それでいい。

 

スポンサーリンク

老後のライフスタイル

アイス以外の甘いものはまったく食べないのに、アイスだけはなぜか食べたくなる・・・

今日はまいばすけっとで3個買うと248円というセールをやってたので、手を出してしまった。

 

ご褒美ご褒美♪

 

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

昨日の朝食は豚汁定食。

そしてごはんの上には昨日の残り物をトッピング!

ひとりだと、どうやって食べようが勝手だからなんでもできる。

 

ランチは新メニューを思いついた!

いつものベジラーメンじゃないかと言われそうだが、たしかにベジラーメンではある。

このラーメンはタンメンなのだ。

タンメンと言うと野菜がたっぷり乗っかってるイメージだが、その野菜をサラダにしてみた。

 

ほうれん草とコーンのポタージュサラダタンメン!

ほうれん草とコーンのポタージュラーメンに、サラダをトッピングしてスープにまぜまぜして食べる。

これがうまい!

 

 

夜は日本の地ビール第一号のエチゴビール!

WIPA並の苦さ。

 

そして晩ごはんはすき焼き。

A3ランクのもも肉がセールだったので、ネギとお肉だけですき焼きにした。

なぜお肉がきれいに並んでいるかわかるだろうか。

どうしてこう何でも試してみたくなるのか自分でも呆れるが・・・

 

お肉を盛り付ける時に畳んだのではなく、パックにはいった状態のままそろりそろりとフライパンで煮たから(笑)

すると見事にお肉はパックの原型を留めたまますき焼きとなった!

想像通りの結果が出るとほんと嬉しい(≧∀≦)

鶏肉と大根の煮物は、大根が真っ黒になるまで醤油を染みさせようと思って煮たら、決して濃い味じゃないけど真っ黒になった。

これも嬉しい!

あとはごぼうの洋風きんぴらとサラダ。

 

結局お肉は2枚しか食べれない。

おひとり様用にもう少し小さいポーションを売ってくれたらいいのにと思う。

 

アイスは3個買ってるじゃないかって?

アイスは3個が一人分!

 

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. Kay より:

    NMNサプリ、期待した効果を感じられなかったのですか?
    中2男子並みのムラムラになったなら若返ったではないですか!笑
    体育系クラブ入って発散させなきゃ。^^

    半年後に死ぬと意識して生きるなんてしんどいですよね。
    私は永遠に生きると思って、(だらだらw)学び続ける方を選びます♪

    • ぺこりーのぺこりーの より:

      Kayさん

      コメントありがとうございます!

      たしかにムラムラしているということは若返ったのかも!
      しかし無駄な発散はしたくないです(笑)
      やっぱちゃんと・・・(//∇//)

      私も気づいたら死んでたというのがいいですね。
      なんだ、人生は昨日までだったのか〜と後から気づく。
      それまではムラムラしながらがんばります!

  2. ちゃり子 より:

    半年後に死ぬと仮定して今を精一杯生きる。
    すばらしいことですが、その考え方はすごくポジティブな生き方に通じますね、とも言い難いように思えます。

    亡くなった人を見送る側が、ああすればよかった、こうしてあげればよかったと思うのは、愛する人間を失った者全てが持つ共通の感情ではないでしょうか。
    できることは全てしてあげた、だから後悔は何もないと言う人はあまりいないのではないかと思います。

    自分の人生に関してもそうです。
    死の間際、一片の悔いなしと思う人はあまりいないだろうし、人間は一生何らかの後悔の連続なんだと思います。
    どんな生き方をしても、ああすればよかった、と思うことはあるのかもしれませんね。

    だから今日が残りの人生で一番若い日、とワクワクして過ごしたいです。
    そのためには充足感を持つことができるだけの収入、健康、そして環境があることが条件ではありますが。
    後悔のない人生を送ろう、と思うより、80歳でも未来を考えてワクワクしながら暮らしたいですね。

    NMNはそういうカラクリでしたか。
    う〜ん、さすがアメリカ。ですね。

    • ぺこりーのぺこりーの より:

      ちゃり子さん

      コメントありがとうございます!

      私もそう思いますね。
      やりたいことをすべてやり尽くすなんてできないし、どこまで行けば満足なのかもわかりません。
      私も淡々と今日1日を生き、そして必ず明日は来ると思って寝る。
      目が覚めなかったらそれまでです。

      鼻血でそう(笑)

  3. ももこ より:

    おはようございます、ぺこりーのさん

    人の意識は明日も生きていることを前提に生活していると思われます。
    なので事態が目前に来るまで平常生活なんです。
    私は死を目前にしても、通常通りの感覚で仕事の残務整理をしていました。
    その時に生存とは意識の集合体で、肉体はただの器だと悟りました。
    医師らも涙も見せない精神力と身体の強さに驚いていましたよ。

    精力を持て余しているのなら良い解決策があります。
    ぺこハーレムを創りましょう。
    婚姻さえしなければ何人いても合法ですが、相互間のWINWINが必須です。
    世の中にムダなことなどないのですから…

    でもハーゲンダッツ3個が一人分って、、、逮捕です!

    • ぺこりーのぺこりーの より:

      ももこさん

      コメントありがとうございます!

      死を目前って・・・
      そんな経験があるんですか!?

      ハーレムね〜。
      自信ないです(笑)
      絶対に私の負け。

      今日1日がいい日であればそれでいい。
      それで十分幸せです。
      ハーゲンダッツもあるし(笑)

      • ももこ より:

        そーなんです。
        大学病院でチーム編成をして臨んだ手術でした。
        でも手術の翌々日から点滴固定棒を引きずり、病院内を駆け回りました。
        お陰で無事に蘇り、今では「殺しても死なない最強の女」と呼ばれています。
        両親が他界しているので、心配を掛けなかったのが唯一の親孝行でした。

        もう~ ハーゲンダッツが何やねん!

        ぺこさんもご自愛くださいね。

        • ぺこりーのぺこりーの より:

          ももこさん

          そうなんですか!?
          今はお元気になられてよかったですね!

          最強の女・・・
          ワンダーウーマンはももこさんだったのか。。。

          ありがとうございます。
          ヨボヨボになるまで長生きします!

  4. […] もしかすると『鬼滅の刃』にも出演できそうな名前だ。 […]

  5. […] ベジラーメンを作り始めて半年くらいになるが、これは上位にはいるラーメンだ。 […]

  6. […] いつもコメントくれるこしあんさんが豚汁を作ったと言ってたので、私もさっそく豚汁を作ってみた。 […]

  7. […] ランチは豚汁を作った。 […]

タイトルとURLをコピーしました